Skip to content

Hisham Zahran

エジプトの首都カイロ出身のHisham Zahran(ヒシャム ザーラン)を知ったのは去年の今頃でした。

プロフィールにはブラジル、メキシコ、トルコ、チェコ、セルビア、アラブなどでDJをしているようだけど、ドイツ、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスなど都市部でもDJをしていて、アムステルダム、ベルリン、デュッセルドルフでプレイする程だから嘘偽りのない本物のDJだと思います。

Hisham Zahranの選曲はとても心地よくてどこか別の世界に連れて行かれる様なプレイが魅力です。

去年の今頃、作業が終わり身も心も疲れきってAnjunadeepのPodcastをチェックしながら寝ようかと思いベッドで流れていたのがHisham Zahranのミックスでした。
ミックスはとても心地よいにもかかわらず直ぐに起き上がった事を覚えています。

どこの国の人!?
あまりエジプトの事を詳しく知らないな・・・
どこでDJしているのだろう?
他のミックスも聞きたい!!
この曲は誰の曲なんだ!?
見つけたら全部買ってやる!!

僕は混乱しながら探しました。
配信サイトのカートにまだ残っているけど、20曲ほど購入してHisham Zahranと言う名前のプレイリストを常に持ち歩いています。

Soundcloudのリンクを貼っておくので是非聞いてみて下さい!

 

【補足】

僕が今最も影響を受けている人物がHisham Zahranです。

DJとしても曲作りのセンスも勿論だけど、彼の影響でエジプトにも興味が湧いたのでなんだったら考古学でも勉強しようかと思うほど影響受けちゃってます。

エンターテイメントの楽しさを米米クラブで知り、ソフトバレーが音楽の世界を広げてくれました。
ファンクやソウルと言ったブラックミュージックで超えられない自分の無力さを知り、Hernan Cattaneoから音の良さや大切さを学びました。

僕がクラブシーンに興味を持ったのは選曲と繊細なミックスが特徴なHernan Cattaneoに衝撃を受けたからです。
確か2004年にRenaissanceと言うパーティーが出した2枚組のミックスCDだったと思います。

クラブシーンの様々なジャンルに興味を持って色々と釈然としない日々が続き数年が経ちました。

音楽とは?
踊るとは?
ビジネスとは?

大まかにこの3つをもっと明確にしようとしていたのですが、このタイミングで10代〜20代の頃に影響を受けたソフトバレーの森岡賢さんが亡くなりました。
半年経った今でもやはり受け止められず呆然とした日々が続いてます。

それが引き金となり、できる事できない事、やりたい事やるべき事、真実と嘘、現実と夢、それらが狂いだして希望が持てなくなり、死ぬ気はないけど這いつくばってでも生きて行く気もなくなり途方にくれているのだけど。。。

先日Spotifyを使い始めたので色々チェックしていたのですよ。
そうしたらJAZZってこんなに良かったかな?ビートルズ聞けるかな?とか、別方向の音楽を聞き出して手当たり次第に聞いていたのですがあら不思議。
気がついたらHisham ZahranをSpotifyで見つけまして、それでSoundCloudに飛んで見逃していたミックスを聞き出したらなぜか今ブログ書いているんですよね。。。

こんな事を感じている僕が「Hisham Zahran最高!」とか言ってるわけですよ。

叱咤激励の様なもしくはやる気が起きる様な激しいミックスでもなく、救われる様な癒されるミックスでもなく、考えさせられる神経質なミックスでもなく、ただ存在しているんですよね。

僕の為にHisham Zahranが存在してるわけじゃないよね?

「生きているだけで価値がある」とか「楽もあれば苦もある」とか「世界は素晴らしい」とかはただの言葉にしか思えなくて、精神と心、感情と本能、感謝や愛、考える事、行動する事、共存、理解、そう言った事が漠然としている所もあって明確ではない現状です。

今の僕にとって大事なのは、感じる事想像をする事存在する事で、沢山の事を考えたりやろうとしないで、ただこれだけなのかなと。

Hisham Zahranのミックスを聞きながらブログを書いていたら、やりたい事が頭の中でいっぱいになってきたので今から書き出そう。

そうしよう。

 

Published innote

Be First to Comment

コメントを残す